私だけの企画案
人生は

「誕生」と「死」という2つの事件のあいだに

いくつものイベントステージを作るようなものです。

 

人生というイベントの企画案とシナリオ。

それが「夢」です。

 

しかし、最近の子供たちは

独自の企画案とシナリオではなく

親や教師、または社会が決めたとおりに生きていきます。

そんな子供たちは、次第に夢がなくなります。

 

子供たちに

人生の企画案とシナリオを

自分で作れる機会を与えてあげましょう。

 

独自の企画案で演出する子は

失敗や成功を繰り返しながら

素敵なイベントを完成させることができます。

 

そのとき、子供たちは

責任と創造の喜びが分かる

大人へと成長できるのです。

 

あなたのお子さんが

大切な人生の演出家・作家・主演俳優として

舞台に立つことのできる機会を認めてあげてください。

 

夢を持ちましょう。

心躍る夢を。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう